まったり

turbohip.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 01日

GradoRS-1i or ALESSANDRO MS-PRO

まえまえから興味があったヘッドフォンGradoRS-1

c0080443_10325079.jpg


イヤーハウジングの真ん中部分にネームの入ったウッドボタンがあるRS-1
パッドの形もいまのとちょっと違うような。

c0080443_17465439.jpg


RS-1i ボタン部分を除去してマイナーチェンジ?わたしはこのタイプしか見たことがないです。ハウジングに i の文字がはいってないですね。
まさにボタンを取っただけのような気がします。(笑)
過去に試聴したのもRS-1i

音は、まさにこれしかないというGradoの音。
明るく、明快で、躍動感のある音。最大の特徴と思われるのは、低音の抜けの良さ。
高域はちょっとサ行が曲によってはきつめに感じた、まさにドンシャリ系。
でも、決して不快ではなくキラキラした高域。
中域はふっくらして暖かい。ヴォーカル系も得意と感じた。
ジャスは、ハイハットが少し前に出た感じ。
バスドラは抜けがいいので高域よりは少なめに感じることもある。
総じて独特の低音か。しまりがあって気持ちがいい。
そしてRock系は、ギターの高域がすこし刺激過ぎる面もあるが、嫌いじゃない。
ボーカルも生き生きとして素晴らしい。ベースもすっきりだけど重量感は十分ある。
なにより生きている音だと感じました。

短時間の試聴で感じた印象はこんなものでした。
ただ、あまりにも値段とそのお姿のギャップに困惑した事を覚えています。
音の話は別にして、10諭吉を超える値段にしてはちょっと(かなり?)安っぽいというのが正直なところ。
音は聴いたことはないが、弟分のSR325のほうがまだ高級感はありそう。
ハウジングも本ウッド(マホガニー)だと言われないとまったくわからない。プラスチックっぽい感触。(笑)

短時間の装着であったが、わたしは幸いにも耳が痛くはならなかった。
Gradoは人によっては、拷問に近い痛みがでることがあり、そういう仕様でも有名です。(笑)
まあ、人を選ぶってことなのか。(USAのおおざっぱさがでているかも)
もし、購入されるのなら音はともかく、装着感を試してみることは絶対必要です。

さて、本題のALESSANDRO MS-PROですが、ALESSANDRO社がOEMでRS-1相当品を作っています。
正規(?)に輸入されていないので、RS-1i の値段よりもかなり安く購入できます。
個人的に輸入すると$699ということなので、まあ5諭吉ちょっとくらいでしょうか。

国内での取り扱いはあぽろんsoundhouseが有名です。

で、ポッチとしました。

値段的にお得なALESSANDRO MS-PROです。
RS-1i とまったく同じものかどうかはわかりませんが、おそらく同じものだと信じて購入しております。(笑)
c0080443_20282356.jpg

箱はシンプルです。飾りっ気が全くなく、3機種共通の包装みたいですね。BY Gradoの文字が。
c0080443_20313739.jpg

箱を開けると、ウッド色も鮮やかにイヤーハウジング部分が目に飛び込んできます。
c0080443_20315274.jpg

見た目も持った感じもGrado RS-1iそのものです。(笑)

音はRS-1i とどう違うのかはっきりわかりません。はっきりというか、全くわかりません。
ここにRS-1i があって聴き比べでもしない限りわかりません。
そのために、10諭吉は用意できません。誰か試してみてください。(笑)


かなりまだ堅い音だし。低音も出てない感じ。
それでも、あのDT990 PROがおとなしく聞こえます。
この躍動感はさすがです。これでバタバタした音にならずにまとまって聞こえるのが不思議です。

HD650のせいなのか、どんどん刺激を求めています。
DT990PRO、ULTRASONE PRO900 ときてこれですか。
ULTRASONE PRO900も明るい躍動感ある音ですが、こっちはもっと生っぽい音です。
デジタルじゃなくアナログな音だとおもいます。

イヤーパッドが堅くない?1時間装着でちょっと痛いかも。。。

やばい?これ拷問器具と言われるのがわかります。連続2時間装着はきつそうです。本体は軽いのですが、、、


おそらく、エージング後はもっと勢いよく前に出る音になってくると思われます。
ただ、音の広がり感、空間の大きさがDT990 PROに比べて狭い感じがします。
ちなみにULTRASONE PRO900 は音空間を作ってあるのでDT990 PROより広く感じます。この2つの差はわずかですが。
この辺もエージングで改善されるでしょうか。
他のどのオープンエアタイプに比べても音漏れは大きく盛大なので、音量を上げて聴くと近所から(うちの魔神様)モンクがでます。

音量を下げると、Gradoの特徴が下がる気がします。ああ、悩ましい。



それにしても、音はともかくみかけは安っぽいかな。(笑)
[PR]

by ryoo2006 | 2010-10-01 10:34 | music | Comments(6)
Commented by TekkamenC7 at 2010-10-01 08:26
お早うございます
UltrazoneどころかGradoユーザーとは、お見それしました。
今度、試聴してみますね。 多分、iの違いはわからないと(駄耳)
USのEdition9を聞いて ハイエンドヘッドフォンの凄さを知りましたがやはり高すぎます。
手持ちのAKG701をバラしてバランス接続に換えました。
細身の音がする701から太い低音が出、空間表現もアップしましたが、外観は悲惨です(悲)
Commented at 2010-10-01 09:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryoo2006 at 2010-10-01 10:45
☆Tekkamenさん、おはようございます。
GradoはRock系のを聴く者としては最高の逸品です。
ゾネは音場を作ってあるので、曲によっては不自然に聞こえます。
AKGは私も701は試したい逸品ですね。
作りもよく、装着感も素晴らしいです。
>バランス接続
わたしも挑戦したいのですが、勇気も知識もありません。
GradoRS-1にバランス仕様がありますが、値段もすごいです。

実はこれに併せてもう一つ欲望の赴くままに逝ってしまいました。(笑)
うまくいきましたらご紹介いたします。
iTunesが音が悪いということ自分の耳で試して実感いたしました。
こんなにも音が違うとは、、、
やはりおっしゃったことは納得です。
不勉強に加え、頭もアルツなわたしですが、ご指導の程よろしくお願い致します。

Commented by ryoo2006 at 2010-10-01 10:46
☆2010-10-01 09:03 鍵コメ様おはようございます。
ご連絡ありがとうございました。
詳細、あとでご報告申し上げます。
Commented at 2010-10-05 00:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryoo2006 at 2010-10-05 07:53
☆2010-10-05 00:03 鍵※様おはようございます。
ありがとうございます。
詳細はメールで。


<< デジタルってなに?      つちやまウダウダナイト(ちょいさむ) >>