まったり

turbohip.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 03日

オーディオ評論家じゃぁないけれど

オーディオ雑誌を最近また買い始めた。

PCオーディオがはやってきたため,情報を手に入れる為に買うわけだ。
情報と言っても知っていることや、ネットで仕入れる情報の方が多いことはわかっているのだけれど、
新しいオーディオ機器やヘッドフォン関連の情報は捨てがたい物がある。

でも、各オーディオ機器の論評はまあ、いただけない。昔からそうだけど最近のは特にひどくなっているよな気がする。
まるで宗教の解説本のような、観念的な、、、あほらし。(笑)

むかしから各、オーディオ雑誌類に正確で正当な情報が載った試しがないので、眉につばを10回つけて読むのが正解。
だから、オーディオカタログとして見るのが正解です。まあ、あくまで持論ですが。

特にオーディオ雑誌の機器の値段x讃辞は二乗に比例するので注意が必要。(笑)
(まあ、昔からあるsound stereo誌みたいに100諭吉以下はあつかっていない雑誌もあるけど㋧)

車雑誌でも同じ事。

要は自分の耳と感性でたしかめること。

あとは、清水の舞台から飛び降りることか?

なんか、コード一本何万の世界はわたしには違う気がして、ソフトを集めることにした。

最初のオーディオとの出会いは、ラジオからだった。
当時中学生だったわたしにはFMファンが最良のオーディオ雑誌だった。
ラジカセから、安物のコンポになった。

そして志望校高校に無事合格したわたしには入学お祝い金という小金がまいこんだ 
これで買ったのが、初めて各メーカーをバラして買う本格的なセパレートオーディオの世界であった。
わずかなお金で、最良の結果を得ようと何軒も日本橋を巡りほぼ満足の得るセットが得られた。
ここで、視聴して経験して得た今でも変わらない事は、「音は」入り口と出口で決まる」ということである。

そのうえで、お金をかけるなら出口に一番かけるべきであるという結論が今でも自分の主義だと思う。

いろいろなスピーカーを視聴して買ったスピーカーがこれだった。
今はなきコーラルのCX-7、CX-5が順当だったけれど無理をして買った記憶がある。
硬質の高音としまった低音が大好きだった。

c0080443_22315732.jpg


これが、パイオニアのアンプ、テクニクスのDDプレイヤーから最高のクリムゾンを演奏してくれた。
カートリッジはいまでも持っているオーディオテクニカAT14E。
c0080443_2354940.jpg

入門用だけれど、定価は15000円はしたと思う。中学生にはとても高い買い物だった。

しかし、入り口をけちるわけにはいかなかった。と思う。(笑)

もう音は十分満足していた。高校生活終わりにアンプジラの鳴らす4343を聴くまでは。。。

インターネットのイの字もなかった時代。日本盤で売っていなかったレコードを探しまくった。

高校生の頃、昼飯の代金を節約して梅田や心斎橋まで輸入レコードを買いに走ったこと。
大学星の頃今でも走っているのか知らないけれど、夜行列車の各駅停車で東京まで徹夜で行き、そのころ聖地であった新宿レコードで買えるだけのレコードを買った。

A-7は大学入学お祝い金にちょこっと貯めたお金で買った。
これはパーツで買って、自分で組んだら実は1/3の定価で買えることを知ったからだ。
大学の先輩らに手伝ってもらって、4階まではこんで1時間でくみ上げた。
音が出たときは本当に感動した。

だからもう30年以上使っています。何回も壊れて音が出なくなりましたけれどね。。
KT88や、300Bモノで鳴らしていますが、大音量で鳴らせないのがつらいかな。。。(誰か怖いし)

人生半分以上すぎて集めたレコードもCDも万単位。
いつも置き場所に困ると不平を言われる。しかも、あれが聴きたいと思ったときに探せない。。。
(最近の問題は、同じモノを買ってしまうこと。。。)
だから、ヘッドフォン&PCオーディオ。

聴きたいときに一発選曲。大音量で音に酔える。

もうへたりきった耳にも、ヘッドフォンの音色の違いはわかります。USBコードの音の違いがわからなくてもね。(笑)

c0080443_2248286.jpg


音を事前に聴いたわけでもなく、その形と思想に惚れて買ってしましました。
あたりまえだけれどEsotericD-07とは全く違う音でした。
(音は聴てませんが、最近D-07Xってーのがでましたね。)

特殊なUSB端子とUSB2.0 のドライバー付属CDがまったく意味をなさない(壊れている)ことに、さすがCHORDと感心しました。(笑)
まあ、本家サイトからダウンロードして事なきを得ましたが。

DAではとても個性的なので好きな人は離れられない音だと思います。わたしは、D-07には物足りなさを感じていたので非常に満足ですが、HPによっては低音が過剰に鳴る場合がありそうです。
不満としてはジッター低減のためのラムバッファーを加えると、曲の頭が再生されません。MAX設定にすると約4秒間は無音状態になります。
まあ、連続再生なら大丈夫ですが、ランダム再生だと頭が欠けた曲が並ぶことに、,,
だから、使ったことがありません。
あとは、PCの設定や曲がランダムで飛ぶ時にカチカチ結構な音量で音がする事かな。
ああ、動いているんだと自己主張しているのかもしれないけれど。(笑)

DAコンバーターをお探しの方は、一度音を聴いて見て下さい。
値段ははおいといて、気に入るかもしれませんよ。
[PR]

by ryoo2006 | 2012-06-03 22:05 | music | Trackback
トラックバックURL : http://turbohip.exblog.jp/tb/18054650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 今月は30日      いや、結構寒いんですけど >>