2006年 07月 18日

シトロエンの話

c0080443_111714100.jpg
昔話といっても、まだ年寄りというわけじゃないですが。
初めて買った外車の話をします。思い出深い車でした。
(この写真は実車ではありません。当時の車が写っている写真があまりないのです)

最初に乗った左ハンドル車です。別に欲しかった車ではなかったのです。
実はCXが欲しくて、ディーラーへ見に行きました。


当時は名古屋に住んでいましたので、渡辺自動車へ行きました。
プジョー、シトロエン、ジャガー、マセラッティの正規販売店です。
地元では、特にシトロエンのメンテナンスで有名です。


CXという、丸っこい宇宙船(知ってる人はスーパージェッターの流星号)
に似た車があります。これが生産中止になり、XMという直線的な車に変わり
ます。急に、この車のことが気になり始めて、見積もりをもらいに行きました。

いまではありえない事ですが、当時のシトロエンは本当に故障が多かったのです。
ジャガーも故障は多かったですが、シトロエンは別格でした。

いまでも覚えていますが、CXの見積もりをもらいに行ったのに
初めてのシトロエンということで、見積もりすらくれません。
それどころか、シトロエンとはいかに故障が多い車であることを
えんえんと話すのです。いままで自分のところで売っている車がいかに信用
ならないかを、おもしろおかしく話す販売員なんて、聞いたこともありませんでした。

しかし、なんかできの悪い息子を、慈しみながらかわいくて仕方がないと
愛情あふれる話についつい引き込まれてしまい、シトロエンの魅力に少しずつ
はまりこんでしまいました。

CXはやめてBXに、しかもGTIというインジェクションじゃなくキャブ車
です。これも、インジェクションは故障が多いからという理由でした。

初めての外車、しかもシトロエン。
今まで乗っていた、RX-7からのなんか全然違う車ですが、この車に乗ることで、
「 いい車というのは速く走れる車である 」という頭にあった法則がこわれました。

何時間乗っても疲れないシート、信じられないくらい広い室内。
引っ越し出来るくらい荷物が積める。そして、意外とスポーティにも走れる足回り。
高速では、手放しも出来る直進安定性。すばらしい燃費。
なんといっても、水の上をクルージングする感覚のハイドロサスが絶品でした。
このころのハイドロサスペンションは、XMのものより角がありません。
たよりないようで、すごくしっかりとショックを吸収します。
ガツーンときて、一回フワッとして、ピタッと収束します。

CXにしていたら、今の車人生も変わっていたかもしれませんね。
いや、変わっていたでしょうね。

その後、嫁がXMを買った事はこれのおかげかもです。

(この記事は過去にアップしたものを加筆しています)
[PR]

by ryoo2006 | 2006-07-18 12:05 | 日記 | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://turbohip.exblog.jp/tb/4170497
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from CAR Mania at 2006-07-29 11:36
タイトル : シトロエン
シトロエンシトロエン (Citro?n) は、フランスの自動車製造会社である。独自のサスペンション機構である「ハイドロニューマチック(イドロプヌマティク) hydropneumatique」を採用していることで知られている。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;...... more
Commented by seiuchi-porsche9 at 2006-07-18 18:47
BXいいですね。実は現在も隠れBXオーナーで、今のBXで5台目です。パールホワイトに塗装したGTIが一番気に入っていたのですが、一番壊れました。僕は全部が中古購入で部品取りBXも置いてあるのですが、同じところが壊れるので活用方法が殆どありません。奥さまのXMって、現在も所有なさっていらしゃるのでしょうか?従兄弟がXMとW6にハマッテいるのでチョット気になってしまいました。僕は今でもAX・GTIの出物があったら買いたいなぁ~と思っている旧車好きなひと変な人なんです(笑)失礼しました。
Commented by ryoo2006 at 2006-07-18 20:12
☆seiuchiさん今晩は、BX私も大好きです。6年くらい乗りました。
その後アメ車にチェンジしましたが、いまでも手放さなければよかっ
たと思っています。当時は駐車場がなくて、どうしても1台ぽっきり
しか所有できませんでした。
XMはもちろん現役です。家内がボルボの代替えで、日本に残って
いた最後の新車XMです。これももうすぐ7年目に入ります。

いたって調子はいいですよ。またそのうちブログに登場すると思い
ます。(^^)
Commented by ピータン at 2006-07-19 00:59 x
こんばんは。やっぱり当時フランス、イタリア車に乗るのは勇気要りましたよね。僕の後輩のシトロエンは雨漏りしたり、いきなり交差点で止まったり苦労してたみたいでした。でも乗り心地はいいですよね。代車でルノーのセダンに何回か乗りましたが、フランス車は独特ですよね。ほかの国にはないでしょう。ところで、毎年、蓼科で開催されているフレンチブルーMには行かれたことありますか。
いつかはV6ターボで行きたいと思います。ではまた。
Commented by ryoo2006 at 2006-07-19 08:37
☆ピータンさんおはようございます。
当時のフランス車は個性が強く、町でほとんど見かけないことも魅力でした。今はもう個性も薄れ、エンブレムがなければ、何処の国の車かわからない車種もあります。
私のBXは故障知らずでした。でも正月に家内の実家へ行った帰りにハイドロオイルが漏れだして、たまたま持っていたオイルを継ぎ足して事なきを得たことがあります。
エンジンをかけると、よっこらしょと起きあがる風情がたまりませんでした。

>毎年、蓼科で開催されているフレンチブルーMには行かれたことありますか。
いえ、いったことはありません。いいですね。
V6Tはもうヒストリックカーレースとかにも出れますね。(^^)


<< GT3      よろしくお願い致します >>