<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 07日

あんたが大将

2つ、3つとヘッドホンが増えてきて付け替えるのが面倒になってきました。

そこで、これ

c0080443_2153493.jpg



こんな風に使えます。
c0080443_21375584.jpg


一応、ヘッドホンで使ってみて、あきたらセパレーターとして使う予定。
どういうことかというと、音源1->アンプ5台ー>10スピーカー出力できます。
手軽に音源を複数に分けれるって事ですね。

使用したコメントをみましたが音量も変わらないとか。音質は微妙でしょうけれど。



そして、すごいのはミキシングも可能とか。(すごいけど、用途は私にはないなぁ)

と言うことは、簡易5chステレオミキサーじゃん。これ自身は電源もいらないし、発想次第ですごいかも。

まさに RockStar

あなたも 一個どうですか? 私はワンクリックしちゃいました。(笑)
[PR]

by ryoo2006 | 2009-04-07 21:38 | 雑談
2009年 04月 04日

未体験ゾーン

物欲に負けて(いつものことですが、、、)、新しい仲間を作ってみました。
Sennheiser HD 650はおとなしめ、独特のハートウオームな暖かい音。
ボーカル向きと言われていますが、わたしはなんでも聞けます。
beyerdynamic DT990 PRO は明るくて、POPでHappyな音。ちょっと線が細いのが人によっては欠点なのかな。
このヘッドホンはコストパフォーマンスがとても高いです。実際、購入してからはHD 650の出番ががくっと減りました。

両方ともドイツの有名なメーカーですが、今回購入したのものもドイツのメーカーです。

c0080443_10562479.jpg

これ、以前から気になっていたんですよね。


c0080443_10564010.jpg
S-Logicといわれる理論を用いたヘッドホン「ultrasone」社のPro900です。

ULTRAZONE社CEO(最高経営責任者) Michael Willberg氏が語ったS-Logicの説明をのせておきましょう。

*基本的に人間は生まれたときから外耳をとおして馴染みの鳴り方で音を聞いているわけですからヘッドホンを付けた途端、今まで聞いていた環境とは違う鳴り方をする状態に脳は一生懸命馴染もうとします。
しかし脳としては自然の方向に持っていこうするばかりにだんだん疲れてきてしまう。

個人差はありますが、30分から1時間ぐらいで脳の方がもうお手上げっていう状態になってしまいます。
こうなってしまうと定位がどうとか、どこからどういう音が聞こえるかとか、レゾリューションがどうか、ということにも、人間の理解力が及ばなくなってしまいます。

そういう状態になってしまうとモニタリングがまともにできないわけですよね。
そこで「ヘッドホンを外してちょっとリセットしましょう」ということになるんですがだったら疲れないヘッドホンを作れればもっともっといい音で聞けるんじゃないか?
外耳を通すことによって自然の音場というのができるし、そういう状況であればヘッドホンを使っていてもそんなに疲れないしモニタリングの仕事に集中できていい仕事もできるのではないか?
ということからS-LOGICの技術が始まっています。 *

まあ難しい事はわかりませんが、目指す音は「長時間聞いていても疲れない音」ということですね。



そして、肝心の音なんですが、とてもすばらしいと思います。HD 650とは方向が違う音ですね。
一口で言えばドンシャリ、でもうるさくない。過剰に味付けされた音ではありません。
きらびやか、華やかさ、明るさがありとても好感が持てます。
そして、中域が出ていないかと言えばそうではなく、全体的にリッチで、情報量がとても濃いです。
それでいて、疲れない耳ざわりのいい音です。これが、S-Logicのなせる技なのでしょうか。

beyerdynamic DT990 PRO の感じに似てはいますが、厚み、音の濃さが全然違います。
まあ、値段的に比べるのは間違っていますが、あえて比べる気になるぐらいbeyerdynamic DT990 PRO もいい音なんですよね。

Edition 9という限定の超高級ヘッドホンを出していましたが、これはとても買えません。
というか金額云々よりも、ヘッドホンにそこまでお金をかけなくても、、、と思っていました。
しかし、すこし考え方が変わりました。これほどヘッドホンがすばらしい音だと知らなかったからです。
Sennheiser HD 650もいい音ではありますが、やっぱりこっちの方が好みなんですね。
それを再認識させてくれました。
まあ、いままでHD 650と同じ土俵で語れるモノがなかったわけですが、DT990 PRO が来てちょっと気がついてここでようやく理解したって感じでしょうか。

A-7も今では一ヶ月に一回火を入れる(アンプは球ですから 笑)かどうかですし、いまからスピーカーを吟味する気もありません。
これをやりだすと、また泥沼にダイブすることになります。(笑)
(スピーカーがアレならアンプはコレで、プレイヤーはこいつかなー、、、、なんて)
それだったら、ヘッドホンなら音場(設置する部屋の音響)も気にせずに自由な時間に音量も気にせずに楽しめるのではないかなと思いました。
PC接続でこれだけいい音が鳴るなら、ヘッドホンアンプを使えばこれは未知の領域に突入するのでは?と思ってしまいます。

いや、ヘッドホンあなどりがたし。
こういうケースに入っています。
c0080443_10572961.jpg

中は、ストレートコードとカールコード、それにイヤーパッドの色違いがついています。
c0080443_10582684.jpg


至れり尽くせりですね。

しかし、このヘッドホンでも不満があるんですよね。

まず、すべてプラスチック製で高級感はです。
値段相応には全く見えません。(笑)
まだ、半分以下の値段のbeyerdynamic DT990 PROのほうが軽金属を多用して高級感があります。

Close型のくせに音漏れじゃんじゃんです。まだ、Open型のbeyerdynamic DT990 PROのほうが漏れが少ないのではと思ってしまいます。
同じくOpen型のSennheiser HD 650と同じくらいでしょうか。おかしくない?(笑)

最大の不満は、ココ !


c0080443_10591429.jpg


ドイツ製じゃなかったんだ、、、、、、なんかショック、、、


ちなみにbeyerdynamic DT990 PROは、made in Germany
Sennheiser HD 650 は、made in Ireland(アイルランド)でした。
[PR]

by ryoo2006 | 2009-04-04 18:13 | 雑談
2009年 04月 03日

春本番はもう少し

お久しぶりです。

子供に届け物があったので、そのついでにお花見?
まだ、3ー4分咲きくらいかなー。

c0080443_19553012.jpg


c0080443_19564738.jpg


c0080443_1957332.jpg


彼の地では有名な名所です。こんな車一台がやっと通れるような堤防道に2~3キロ以上にわたって桜並木が続きます。
満開の時に、ぶらぶら歩けばそりゃー気持ちいいでしょうね。

幸い、前からも後ろからも車が来なかったので、パチパチ撮らせていただきました。
車が来たらどうしようと、ドキドキしていました。(笑)

生活道路なので、車も通りますが、桜祭りの時は通行止めみたいです。

今週末は満開かなー?
c0080443_20121497.jpg


春ですねー。
[PR]

by ryoo2006 | 2009-04-03 19:59 | 日記